OFFICE 31051

自動運転・EV・カーIT・ライドシェアをカバーするフリーライターの個人ブログ

ADASのセンサーについてメモ

ADASのセンサー事例。トヨタセーフティセンスCで搭載されているコンチネンタルの単眼カメラ+赤外線レーザーが最近多い。コストが安いらしいです。スズキはこないだまで日立オートモーティブのステレオカメラを使っていましたが、コストが高いということで、コンチネンタルのモジュールに変えました。

セレナは単眼カメラのみ。Mobileyeの制御ソフトとセットなのかな。これもコスト安いみたいですが、性能がそれなりなのでセレナのACCはアイサイトのようにスムーズには走らない、と。

そしてアイサイトでおなじみ、日立オートモティブシステムズのステレオカメラ。これはちょっと高いようですが性能は良いですよね。JNCAPのテストによると、日立オートモティブシステムズのステレオカメラ搭載車は軒並み点数がいい。

JNCAP|予防安全性能アセスメント -

そんななかこのリリース。

www.furukawa.co.jp

実は先日、JNCAPの予防安全テストで常にトップだったアイサイトを抜いて、アクセラがトップになったわけです。で、そのマツダに古河ASがセンサーを提供していると。

それまでマツダはJNCAPのテストはダメダメだったんですが、先日のアクセラのマイチェンで一気にトップへ。このセンサーの性能が良いのだろうか。

f:id:chromebook:20170208235242p:plain

これ見るといいことずくめみたいに見えますね。詳しく聞いてみたいところ。

 

余談。いよいよレベル3ということになるとLiDARが要る。まだ相当コスト高いし小型化しきれていなくて遅れていますが、現時点では3DならVelodyne、2Dならibeo。

ここはビジネス規模もそうとうデカイので開発競争が激しく、メガTier1はもちろん、こないだのCESではパイオニアが試作品を出したりしています。